• 心療内科
  • 精神科
  • 漢方心療内科
  • 〒164-0001 東京都中野区中野5-65-5 豊島興業ビル4F JR中野駅北口より徒歩2
  • お電話・お問合せ 03-5318-2712 Web予約はこちら

強迫性障害

強迫って?

脅すことではありません(それは脅迫です)。
精神科領域では、強迫とは以下の2つのことを指します。

  • ①無意味で不合理と思える考えが、意思に反して何度も反芻する状態(強迫観念)。
  • ②自分でバカげていると自覚しながらも、何度も行ってしまう行為(強迫行為)。

強迫性障害(OCD:Obsessive Compulsive Disorder)とは?

上記の強迫観念、強迫行為を来す状態を言います。
強迫観念(不安)を打ち消すために、強迫行為を繰り返すことが特徴的です。
具体的には以下のような症状があります。

  • 施錠や火の元、電気のスイッチなどを何度も確認する
  • 書類の確認を何度もして仕事が進まない
  • 何度も手を洗ってしまう
  • 人を傷付けたのではないか、車で轢いてしまったのではないかと不安になる
  • 不要な物をいつかまた使うのではないかと捨てられない
  • 着替えや準備の順序や場所にこだわる
  • 不吉な(と思っている)数字を極端に避ける

治療について

強迫性障害も不安をベースとしており、不安障害と同様に治療可能です。
やはり、ベースはお薬での治療をお勧めします。
治療には不安障害と同様、安定剤やSSRIという抗うつ薬を使用します。
漢方薬も使用できますが、効果は部分的であり、しっかりとした薬物治療が必要です。
薬物治療を行いながら、精神療法的なアプローチを行うことが重要とされています。

〒164-0001
東京都中野区中野5-65-5 豊島興業ビル4F

お電話・お問合せ03-5318-2712

院長
大土広将
診療科目
心療内科・精神科・漢方心療内科
最寄り駅
JR中野駅北口より徒歩2
休診日:月曜日、日曜祝日
診療時間 日祝
10:00-13:30
14:30-19:00
周辺地図